トリさんの移動|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

トリさんの移動

2010.01.01

この時期の小鳥さんの移動には保温が必要です。

移動用のキャリーケースに貼るホッカイロをつけるのが手軽にできる保温方法ですが、ホッカイロは酸素を燃やす事で熱を放散するので、キャリーケースの内側にホッカイロを貼ったり床にひいたりすると、キャリーケースの中の酸素が奪われ、トリさんが酸欠を起こしてしまいます。

キャリーケースをあけたら中でトリさんがぐったりしているということもありえます。

必ずホッカイロはキャリーケースの外側に貼りましょう。キャリーケースをブランケットやフリースでくるむとさらに保温性が高くなります。

キャリーケースの中に手を入れると、温かみを感じるぐらいに保温してあげましょう。

できれば、キャリーケースの中がどのくらいの温度になっているか目で見て確認出来るように温度計を中に設置した方が良いでしょう。移動中には換気が出来ているか、何か変わったことはないか時々トリさんの様子を覗いてあげてください。

ページの先頭へ