トリさんとカルシウム|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

トリさんとカルシウム

2010.03.01

小鳥さんが以前は上手に飛んでいたのに、最近飛ぶのが下手になったみたい、と感じることはありませんか?食事に問題があったり、精巣や卵巣に問題があったりすると、カルシウムの沈着がどんどん進み、骨だけでなく、関節の軟骨部にまでカルシウムの異常沈着がおこることがあります。

関節の動きがカルシウムの沈着によって妨げられ、飛べなくなったり、足を引きずって歩いたりするようになります。

場合によっては激しい痛みを伴い、生活の質を下げてしまうこともあります。

カルシウムが骨や関節にどのようにどれだけ沈着しているのか、どのくらい進行しているのかはレントゲン撮影で的確に判断できます。気になる症状があればご相談ください。

ページの先頭へ