暑さ対策|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

暑さ対策

2011.08.01

今年は梅雨が終わるのが早く、去年同様に暑い夏になりそうです。

鳥さんは体温が42℃と高く、多くの種類が熱帯地方原産であるため、比較的高温の管環境下でも問題なく生活出来ます。

しかし、長期間にわたって直射日光が当たり続ける場所にカゴを置いたり、完全に部屋を閉め切ってしまったりすると、鳥さんでも熱中症を起こす危険があります。

症状としては身体を細めて羽を肩の高さに、肩をいからせるように広げて、口をパクパクさせる様子が見られます。

熱中症を未然に防ぐためには何より風通しのよい所にカゴを置きカゴに日光が直接当たらないようにしてください。

また外出する時には網戸にしたり、扇風機を使って室内の空気を循環したりしてあげてください。

エアコンを28℃~30℃の微風で設定して鳥さんに直接風が当たらないようにしてもよいでしょう。飲水容器を大きめにすると、暑い時には中に入って水浴びをして、鳥さんが自分で体温調節出来るのでよいでしょう。

ページの先頭へ