小鳥さんの卵詰まり|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの卵詰まり

2015.01.01

小鳥さんのメスは卵巣から排卵されて硬い殻が作られ産卵まで行うのに、たった24時間しかかからないという驚くべきスピードで卵を作ります。しかし、この過程が行われて卵が出来上がったのに、いつまで経っても産卵しない場合が時折起こります。こういう状態を卵詰まりといいます。

卵詰まりは自力排卵が難しい状態になっていますので、硬い卵ができてから24時間以内に出ない時は排卵処置が必要となってきます。また、卵が入ったまま元気がない状態ですとだいぶ危険な状態になっており、一刻も早く卵を出す処置が必要となります。もしお腹に卵が入っているのにいつまで経っても産まれない、もしくは元気がないという場合はできるだけ早く病院においで下さい。

ページの先頭へ