鳥さん日光浴|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの衛生管理

2016.06.13

蒸し暑い梅雨がやってきましたが、家の小鳥さんはいかがお過ごしでしょうか?この時期湿気が多くなりますので小鳥さんのいる環境を清潔にすることが小鳥さんの健康にとって重要になります。今回は小鳥さんの具体的な衛生管理についてお伝えします。

 

ごはん:大きなエサ箱に一気に数日分を入れないようにしましょう。エサ箱には1日分だけ入れるようにします。そうすることによって小鳥さんの食用がなくなった時すぐに気づくことができます。エサ箱が汚れていたりうんちが付いていたら洗うようにしましょう。

 

水入れ・菜さし:水気があり細菌やカビが繁殖しやすいため、毎日洗うようにしましょう。

 

敷き紙:1日1回は取り替えましょう。その日の1日のうんちやおしっこの状態を確認してください。

 

鳥かご:少なくとも週に1回は洗うようにしましょう。日干しや熱湯消毒を行ってください。

 

ご飯を食べる量が減った、うんちが出ていない又は色が変わった、止まり木や鳥かごに吐物が付着しているなど、何かありましたらすぐにお越しください。

ページの先頭へ