小鳥さんのそのう炎|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんのそのう炎

2017.02.28

今回はよくある鳥さん特有の感染症である、そのう炎についてお話ししたいと思います。
鳥さんは食べたものが胃に到達する前に、一時的に「そのう」という食道が袋状になった部位に食べ物を蓄えます。そして、そのうから吐き戻した食べ物を求愛相手に与えたり、ヒナ に食べさせたりします。 通常、健康な子でも、そのうの中にはある程度細菌はいます。

しかし、何かしらの原因(例えば、人の食べ物を与えたり)で消化管の流れが悪くなってしまったり、免疫力が落ちてしまったりすると、細菌がそのうの中で異常に増殖したり、場合によっては真菌が発生し、そのう炎を起こすことがあります。

また、そのう検査によりトリコモナスなどの原虫が検出さ れることもあります。 そのう炎になると、あくび、下痢、嘔吐や首元を気にする行動、口臭といった症状が出て くることがあります。食欲や元気がなくなってしまうこともあります。

上記のような症状が少しでも見られるのであれば様子を見て悪化してしまう前になるべ く早く病院へ行かれることをおすすめします。

ページの先頭へ