小鳥さんと暮らす|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんと暮らす

2017.04.30

春になり新しい家族の一員として鳥さんをお迎えする方は多いのではないでしょうか。

今回は鳥さんとの暮らし方についてお話します。

餌は1日分だけ容器に入れるようにし、水と同様に毎日交換してあげて下さい。敷紙も毎日交換し、便の数や状態が変化していないか確認するようにしましょう。鳥さんが普段生活している鳥かご内が適温になっているかどうか管理するために温度計を置いてください。鳥さんの適温は30℃くらいになりますが、体調や体質で多少変わりますので鳥さんの様子を見ながらペットヒーターなどを利用して調節してあげましょう。

また、放鳥中は目を放さないようにし、もし飼っている鳥さん同士で仲が良くないのであれば放鳥は個別に行って下さい。

水浴びは鳥さん自身がしたがらないのであれば無理にさせる必要はありません。しかし、日光浴はすべての鳥さんで必要になりますのでなるべく直射日光に当てるようにしましょう。窓を開ける場合は外敵に襲われないように見守ってあげて下さい。

他にも、膨れていないか、頭やお尻の羽が汚れていないか、眠っている時間や止まり木から降りている時間が長くなっていないか、呼吸の様子はおかしくないかなど、毎日の様子の変化に気を配ってあげて下さい。何か気になることがありましたら病院にお越し下さい。

ページの先頭へ