小鳥さんの冬の温度管理|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの冬の温度管理

2017.11.01

寒くなってきました。人は多少の厚着をしていても耐えられる寒さですが、鳥さんにとってはそろそろ寒さが体にこたえる季節になってきます。なぜなら、鳥さんの体温は42~43℃で、人よりも高いため、低温環境下にはあまり強くありません。鳥さんは寒いとお腹をこわしたり、風邪をひいたり、場合によっては重篤な病気になってしまうことがあります。

ご家庭により室内の温度は異なりますが、鳥さんのいるところに温度計を設置して寒くなりすぎていないか確認しましょう。

60ワット以上のヒヨコ電球や小動物用のペットヒーターはとてもよく保温できますし、鳥かごの周りを透明なテーブルクロスで覆って熱を逃さないようにするのもいいでしょう。

ただしヒヨコ電球やペットヒーターは接触により鳥さんが火傷することがあるので直接電球に触れたり乗ったりしない位置に設置して下さい。

今年の冬も鳥さんと元気に過ごしていきたいですね。

ページの先頭へ