小鳥さんのソノウ内異物|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

                       03-
木曜定休
           
診察・ホテル受付時間 平日は午 前9:50~12:30、午後15:00~18:30。土日祝は午前9:50~12:45、午後15:00~18:45です。
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんのソノウ内異物

2018.07.02

小鳥さん、特に草食系の小鳥さんにはソノウがあり、発達しています。ソノウは様々な病気になります。その一つに異物があります。「ソノウ内異物」です。

小鳥さんは食べた食事を「ソノウ」と言われる食道が一部拡張した場所に蓄えます。それを徐々に胃に送り消化していくシステムを持っています。小鳥さんは食事としてシードやペレット、青菜などを食べています。しかし、時に食べ物ではないものを食べてしまうときがあります。重金属、新聞、絨毯、シャツ、壁紙、柱、人の薬など様々な物をかじり口に入れることがあります。これらの物は消化できないか、あるいは中毒になり命に関わるものになります。ソノウ内に入ってしまった糸などは毛玉のようになり、固まってしまうことがあります。塊になってしまうと勝手に溶けることは無く、手術で取り出す以外方法が無くなってしまいます。特に、巣作りをするメスの小鳥さんに多いのですが、男の小鳥さんでも遊びでかじっていて飲み込んでしまう事があります。ただ多くの事故は放鳥時に見られます。放鳥時に小鳥さんをよく見ていることが大切です。

ページの先頭へ