季節外れの発情!?|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

季節外れの発情!?

2008.02.01

寒さが一層厳しくなり、自然界では発情が止まる時期ですが、室内での生活している鳥さんは発情が持続しがちです。

その理由としては食餌がいつも豊富にある、明かりをつけている時間が長くなる日照時間の延長、人が寒さのために外出せずに家にいる時間が長くなり、鳥さんと触れ合う時間が増すことなどが考えられます。

極寒のこの時期の産卵には卵詰まりや輸卵管脱が多くなり、危険を伴います。

おかしいなと感じたときにはなるべく早く病院にお連れ下さい。

ページの先頭へ