小鳥さん「トリコモナス症」|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

小鳥のセンター病院・池袋

03-5960-341103-5960-3411
年中無休 10:00-13:00 / 15:00-19:00
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんのトリコモナス症

2017.07.30

暑い日が続いています。お宅の鳥さんはいかがお過ごしでしょうか。

今回はトリコモナス症についてお話ししたいと思います。

 

トリコモナスは主に鳥さんの消化器に感染します。

特に口腔内からソノウにかけて生息していることが多い原虫です。

トリコモナスは感染している母鳥からヒナへの給餌、鳥さん同士の求愛での給餌、

感染している鳥さんが口をつけた飲み水を介して他の鳥さんに感染します。

 

トリコモナスに感染している鳥さんは、口をもぐもぐしたり、口から泡状の粘液を出したり、

餌を吐いたりすることがあります。潰瘍ができることもあり、症状がひどいと食欲や

元気がなくなるため、場合によっては命を落としてしまうこともあります。

 

トリコモナスは多くはそのう液の検査で見つかります。

無症状でも感染していることがあるため、気になる症状がある場合はもちろん、

新しい子をお迎えした時は便検査と合わせてそのう液の検査を受けられることをおすすめします。

ページの先頭へ