小鳥さんの鉄貯蔵症|小鳥の病気の診療、お預かり(入院・ホテル)なら、池袋駅徒歩3分の小鳥のセンター病院・池袋にご相談ください。

                       03-
木曜定休
           
診察・ホテル受付時間 平日は午 前9:50~12:30、午後15:00~18:30。土日祝は午前9:50~12:45、午後15:00~18:45です。
池袋駅から徒歩3分。年中無休の小鳥専門病院

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの鉄貯蔵症

2019.07.30

鉄貯蔵症は鉄感受性の高い九官鳥の感受性種、や果実食を主とするヒインコ等に起こりやすい疾患で、家庭では急速な元気消沈、嘔吐、腹水が起こることによる呼吸困難、体重減少、下痢などが見られます。

上記の好発種では飼育下でのビタミンC過剰摂取により、ビタミンC過剰などに起因する鉄の過剰な吸収が起こり本症を引き起こします。過剰に貯蔵された鉄は主に肝藏を傷害し、症状は肝障害と関連してきます。

 

本症の診断は前述した臨床症状や、血液検査、レントゲンにより診断を行い、病気を推測した上で治療を行います。

 

予防としては、鳥のあった適切な食餌を与えることなどです。

ページの先頭へ